2017/05/19

XBOX ONE システムアップデート 4

このところ割と頻繁にあるXBOX ONEのシステムアップデート。
ちょっと前に書いたエラーになるだけだったカレンダー(?)は、トップ画面に表示すらされないようになり、事実上なかったことに。相変わらずのMicrosoftクオリティ。
代わりにトップ画面に表示されていたのが、「お勧めアプリ」。早速どんなものなのか見てみよう。
blp109.png
ほう、どうやら映画を無料で見られるというアプリのようだ。どうせタダだし、インストールしてみよう。

blp110.png
インストール中にこのアプリの説明ボーッと眺めていると、むむっ!? エロ動画だと!?

起動してみると、古ーい映画が普通に見られるだけで、エロの要素のある動画はなかった。(と思う)
おい! なにゆえ「無料エロ動画」と説明に書く?
実際に見られるのは海外の映画がほとんどだけど、「ガメラ」があるのが確認できた。
古いだけでなく画質も悪くてとても最後まで見る気になれない代物だが、課金すれば高画質で見られるらしい。もちろん試してないが。こういうシステムが据置機でも増えつつあるなぁ。先にお試し版を配信して気に入ったら買うシステムにしてくれよ。課金して高画質の証拠がないじゃん。。。
即、アンインストールしたが、一度インストールしたものは「取得済み」と表示されるXBOX ONE。べ、別に「エロ動画」に釣られて取得したわけじゃないんだからね!

2017/05/18

ファイプロ追加情報

blp111.png
Fire Pro-Wrestling World (以下「ファイプロワールド」) の情報が載っていたからファミ通を買ってみた。
ファミ通やぞ!? カッチカッチやぞ!?
ファミ通って前買ったときは300円ぐらいの印象だったんだけど、500円もした。高ぇ!
最近の子供は毎週500円出してファミ通を買っているのだろうか。それとも大人が買うのかな?
私が知りたかった情報やネットで出回っている情報以上のものは載ってなかったな。Steamのアーリーアクセスの件も、いつから始まるとか何も書いてない。。。

blp112.png
追加技の情報も、追加されていて当然という技ばかりだな。技名も↑のように「振り向きショートレンジラリアット」っていうのが正式名称なんだろうか。レインメーカーは使えないにしても、もうちょっとなんとかしてもらいたい。あ、技名もエディットできるのかな。

WWEがらみの技も追加されているようで、ちょっと安心。
↑の一番下はシスター・アビゲイルだよね? 「ツイスト式引き倒し~」って。。。(笑)
やっぱりもうちょっとなんとかして欲しい。(;^_^A

せっかくファミ通を買ったのに、肝心のファイプロワールドの情報はたったの2ページ。
伊集院光のコラムはおもしろいけど、誤字 (誤変換?) が残念。スペリオールでおなじみ(?)の山本さほのマンガを読んだら任天堂スイッチの「ゼルダ」をやりたくなった。
2017/05/17

明日のために その3

前回挙げた、間違ってるのに日本で定着しちゃってる表記、まだまだあった。

  • Ted DiBiase → テッド・デビアス
  • Mike Awesome → マイク・アッサム

ディビアシをデビアスとしてしまう気持ちはわかるが、アッサムはわからんのう。技名もアッサム・ボムとかつけられちゃってるし、甚だ困る。
もう間違って定着しているのと正しい表記を併記してお茶を濁すしかないか。。。
2017/05/15

明日のために その2

日本語で検索できる「技データベース」を作成するときに一番悩ましいのは、カタカナで表記するレスラー名だ。やっぱり技は主な使用者を併記したいからね。
日本人のレスラーを表記する場合は何の問題もないのだが、WWEのSuperstarまたはその他の海外のレスラーをカタカナで表記する場合、困ってしまうことがある。メディアによって表記の仕方に揺らぎがあるからだ。

具体例を挙げると、
  • John Cena → シナ、シーナ
  • Chris Benoit → ベノワ、ベンワー
  • Finn Bálor → ベイラー、バロール、バロー
例外として、私はBrock Lesnarは「ブロック・レナー」にしか聞こえないのだが、メディアは「レナー」で統一されているようだ。あとAlicia Foxも私には「アリーシャ」にしか聞こえないが、「アリシア」で統一されているようだ。UsosもBraun Strowmanも。。。

一方、完全に読み方が間違ったまま、今現在まで日本で定着しちゃってる表記もある。
  • Adrian Adonis → アドリアン・アドニス
  • Dusty Rhodes → ダスティ・ローデス

どうしてこんなことになっちゃってるのか、責任は誰にあるのか、、、
まず悪いのは昔の日本のプロレス関係者やマスコミだね。今のWWEの選手達のお父さん世代かちょっと上の人だね。
なんだよ、ローデスって。。。( ´Д`)
あとは、現在たぶん唯一の週刊プロレス雑誌、「週刊プロレス」のヤツらだな。
まあ、一言で言って独自路線。
ここの連中は、上記にあるChris Benoitを長らく「ベノイ」と表記していた。いつの間にか「ベンワー」に変わっていたが。Cenaを「シーナ」と表記するのもコイツら。好意的に解釈すると、リング・アナウンサーかなんかが名前を叫んでいるときの発音を表記したとも取れる。でもちょっと待て。
McMahonは?
McMahonが「マクマホン」と聞こえているわけないよね? そこは他と合わせたのかな?
どちらにしてもカタカナで選手名を表記するときは各メディア統一して欲しいな。そういう考えはプロレスマスコミにはないのかな?
話は逸れるが、まだTajiriがECWからWWEに移って間もない頃、当時イチローが所属していたマリナーズの本拠地があるシアトルでの試合でTajiriに対して観客から「イチローコール」が起こったと週刊プロレスに書いてあった。素直で単純な私はそれを信じ、そのテレビ放送を楽しみにしていた。実際観たら何のことはない、「ECWコール」が起こっただけだった。「ECW」がどうして「イチロー」と聞こえちゃうのか。。。その時から私は週刊プロレスの英語力をまったく信用していないので、週刊プロレスは独自路線を辞め、他のマスコミに合わせて欲しいと切に願う。

「技データベース」は私のWikiで作るのだから私が聞こえるように表記すればいいや、と一瞬思ったが、ネット上に公開する以上、そうはいかない、よね?
さて、どうしたものか。。。